Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lifescoped.blog41.fc2.com/tb.php/77-982afffc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ナヨナヨワスレナグサ

最近、畦で見つけたナヨナヨワスレナグサ(ムラサキ科 ワスレナグサ属)です。
ナヨナヨワスレナグサ

ナヨナヨワスレナグサ


最初はキュウリグサ(ムラサキ科 キュウリグサ属)と思いました。
キュウリグサ
(キュウリグサ、2009年5月上旬撮影)

しかし、その後に近くの遊水地の看板を見て「もしかしたらナヨナヨワスレナグサでは?」という思い&期待が・・・。
ナヨナヨワスレナグサの看板


家に帰って早速ネットで調べてみたのですが、同定に自信が持てず・・・。
そこで、ナヨナヨワスレナグサにお詳しいやまぶどうさんにおたずねしたところ、葉がナヨナヨワスレナグサに似ていると教えて頂き、ナヨナヨワスレナグサであろうとの結論に至りました。また、この時期に花を咲かせるのは珍しいとのことです。
ナヨナヨワスレナグサ


上のキュウリグサの写真と比べると、確かに葉の形が違いますね。
ナヨナヨワスレナグサ

この時期は花茎は枯れ、葉はロゼット状になるそうで、そのような個体がいくつも生えていました。
ナヨナヨワスレナグサ


また、ロゼット状にならず、ヒョロヒョロと長い茎を伸ばしている個体も少なくありませんでした。
ナヨナヨワスレナグサ

ナヨナヨワスレナグサ

このような個体はこれから葉がロゼット状に変化していくのでしょうね。
今後も観察を続けたいと思います。


ところで、ネット検索していて、このナヨナヨワスレナグサについてはまとまった情報が少ないと感じました。また、この植物をそれなりに取り扱っていて、簡単に入手できる書籍は皆無のようです。ただ、やまぶどうさんがネットを通じて積極的に情報発信して下さっています。
大好きなキュウリグサに似たキュートな花、全国的にみて自分が住む地域のみに自生する植物ということで、非常に興味を持ったナヨナヨワスレナグサ。
情報発信して下さっている方の力をお借りしながら、この植物について少しずつ勉強していこうかと思っています。
ナヨナヨワスレナグサ萌え~♪(←馬鹿丸出し)

ナヨナヨワスレナグサ


【和名】ナヨナヨワスレナグサ
【分類】ムラサキ科 ワスレナグサ属
【学名】Myosotis laxa subsp. baltica
【分布】
土壌に湿り気のある畦などに生える。
全国的にみて静岡県の浮島地区(富士市、沼津市)のみに自生すると言われている(※1)。
【花】
花期は5~7月(※1)。淡紫色で5弁花。花の直径は3mm程で、キュウリグサ(2mm程)よりは少し大きく、ワスレナグサ(6~9mm)よりは少し小さい。
【葉】
長さ4~6センチ、幅5~6ミリの長楕円形。
【名前の由来】
伸ばした花茎をヨシなどの周りの草に支えられながら、花を咲かせるところからきている。
【その他】
・草丈は20~50cm
・1~2年草
日本の外来種リストに記載されているが、いつ頃、どのような経路で入ってきたかは不明。

(※1)他県でも確認されているようだ。
(※2)アクアプラザ遊水地の看板を参考にした。浮島ヶ原自然公園の開花カレンダーには「3~9月」とある。


参考サイト
浮島沼 | やまぶどうの部屋
やまぶどうのお気に入り
ナヨナヨワスレナグサ | 身近な野の花「下を向いて歩こう」
ナヨナヨワスレナグサ | 沼津市商工会
維管束植物 | 日本の外来種リスト


にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://lifescoped.blog41.fc2.com/tb.php/77-982afffc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

lifescoped

Author:lifescoped
コンデジ片手に散歩をしながら、写真を撮るのが好きです。特技は「日の丸構図」です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。